値段が気になるAED|新品を購入してもしもの事態に備えよう

男の人

機械制御不能になるリスク

作業員

PLCは機械全体を制御するものです。故障すると機械の動作に影響が出るなどのリスクがあります。対策としてはしっかりと保守や点検、メンテナンスを実施することです。修理に至らないように保守することが最大のリスク管理となります。

もっと読む

信号解析にお役立ち

スペクトラム

「spectrum analyzer」とは周波数や電圧をグラフとして出力する機器で、無線業者などが外でも扱いやすいようコンパクトになっています。また、専門的な解析も可能なものが増え、解析の精密性もどんどん向上しています。

もっと読む

安さより正常に稼働を重視

女の人

価格は数十万円

AEDを設置することを検討する企業は増加しています。しかしその値段が欧米諸国と比較して高いこともあり、導入に躊躇するケースも多数あります。法人として購入するのであれば、減価償却に計上することができるなどのメリットもあります。レンタルのできますが、トータルコストで考えると購入のほうが安くなります。AEDは医療機器であるため、厚生労働省が認可したものでなければ販売することはできない決まりになっています。また耐用年数は6年から長くても8年程度でそれを超えた製品は使用することができません。いざという時に正常に機能しないと何も意味がありませんので、適切な管理やメンテナンス、消耗品の交換などはおこぬ必要があります。

中古品はデメリットあり

新品で購入すると数十万円する高価な値段がするAEDですが最近は中古の製品も出回っています。中古の場合、耐用年数の残り期間がどの程度あるのかわからなくなってしまうため、メンテナンスなどを適切に行う事ができなくなってし舞います。リコールなどの製品の情報も届かないため、いざという時に正常に稼働しない可能性もあります。中古で購入するメリットは値段面だけです。しかし正常稼働が約束されないため、中古品を購入するメリットはほとんどありません。新品を正規代理店から購入することが最も大事なポイントになります。インターネットなどで出回っているものもありますので、注意が必要なのです。値段だけでなく機能面を一番に考慮してAEDを購入する必要があります。

作業を効率化するシステム

工場

ベルトコンベアーは流れ作業を効率化するには必要不可欠で便利なものですが、その効率化には上限があることを知っておきましょう。大量生産なのに手作業を行えるのがベルトコンベアーの特徴ですが、大量生産のためのシステムなのであまり丁寧な作業はできない特徴があります。

もっと読む