機械制御不能になるリスク|値段が気になるAED|新品を購入してもしもの事態に備えよう

値段が気になるAED|新品を購入してもしもの事態に備えよう

作業員

機械制御不能になるリスク

作業員

故障リスクを低減させる

PLCはシーケンサーとも呼ばれるもので機械の動き全般を制御するパーツです。これが故障すると機械全体が動かなくなるなど致命的なダメージを負うことになります。企業などで導入しているケースが多く、機械制御している工場のラインが全体的に停止するなどのリスクも負っているのです。そのためPLCは故障しないように日ごろからのメンテナンスを実施することが最も大事なのです。一度故障すると故障の場所を把握するとともに場合によってすべての設定をはじめから行う必要性もあるのです。そのような場合、修理するにも時間や費用が莫大にかかることになります。修理に至らないようなメンテナンスや保守を信頼できる業者に依頼しておくことが大事なポイントなのです。

費用をかけても対策を実施

中には消耗品などもあります。修理が必要になる場合もメンテナンスを怠っていたため生じるケースも少なくないのです。まずバッテリーです。温度管理や稼働状況を把握するとともに一定期間経過後は消耗品ととらえ交換することも大事です。最近のPLCにはバッテリーを使用していないものもあります。次にパラメーターです。プログラムが消えた場合、パラメーターの初期設定は時間がかかります。そのためコストは多少かかりますが、PLCのパラメーターをバックアップとっておくことをおすすめします。最後に制御盤の熱対策です。熱によって壊れやすくなるケースは少なくありません。そのため熱対策も個々の環境に応じて行っておく必要があります。これらを実施することで致命的な修理に至るケースは回避できるのです。