信号解析にお役立ち|値段が気になるAED|新品を購入してもしもの事態に備えよう

値段が気になるAED|新品を購入してもしもの事態に備えよう

作業員

信号解析にお役立ち

スペクトラム

コンパクトで仕事効率化

「spectrum analyzer」とは、横軸を周波数、縦軸を電力、または電圧とする二次元グラフを出力する電気計測器です。機械や電子機器に疎い方でも、理科の教科書などで見たことがあるはずです。そんな「spectrum analyzer」を日常的に使う職業が、無線機や送信機の研究開発を行う研究者や通信機器を扱う業者などです。実際に機器を使用した際の使用可能範囲やノイズなどを計測するのに大変役立ちます。そのため「spectrum analyzer」機器の開発も進んでおり、今では使用者が実際に外に出て実地での電波測定を行えるポータブル機器も、どんどんコンパクトになり、使用者にとって大変扱いやすいものになってきています。

近年どんどんレベルアップ

特に最近のものですと、「spectrum analyzer」はUSBでノートパソコンなどの端末に接続して使用するものがほとんどで、接続する機器そのものもかなりコンパクトになっており、中にはスマートフォン程度のサイズのものもあります。また、機器も様々なアプリケーションに対応してきていますので専門的な解析ツールやデータベースに組み込むことも可能です。また、外で使うことを想定し、バッテリーの持ちも良く、解析の精密性もどんどん高まっています。こうしているうちにも、どんどん科学技術は進歩していき、新しく便利な機器が登場していきます。これらの最新機器を使うことで、仕事の効率化に一役買うことは間違いありません。